【Twitter】ユーザー離れの原因

Twitterが業績不振というニュースを見ました。「使い方がよくわからない」「ツイートすることがない」といった理由でユーザーが離れているそうです。

たしかに、Twitterの使い方はよくわかりません。何かを書き込んでも反応がないため虚しい気持ちになり、やめたこともあります。

今はブログの更新情報を伝えたり、自分が面白いと思ったブログやツイートを拡散したりしていますが、それも適切な使い方かどうかわかりません。

今までTwitter社は仕組みだけを作り、Twitterの使い方をユーザーに丸投げしてきた気がします。今後は自分たちが提供するサービスを研究し有益な活用法を積極的にアピールすべきだと思います。ユーザーに負担をかけるようなことをしてはいけないのです。

Twitterの欠点

Twitterの欠点はいくつか考えられますが、その中でも大きな問題は「ユーザー同士が交流できない」ことだと思います。

「返信」を使って誰かのツイートに意見を書き込むことはできますが、そこから発展することはまずありません。

これが掲示板であれば一つの話題について多くの人が意見を述べることができ自分の意見に対して反応もあるので楽しい気持ちになりますが、Twitterではそのようなことはできません。

SNSを利用している人は、特定の誰かと話したいのではなく、特定の話題について話したいのだと思います。そのあたりの機能を強化すれば、利用者が増えるかもしれません。