オリンピックと著作権

2020年の東京オリンピックのマスコットの選考方法を決める検討会議が行われ、デザインの条件を設定した上で、一般公募する方針が決まりました。

デザインの具体的な条件については、今後、検討するとのことですが、これは世間や他のデザイナーから批判されないようにする方法を考えるということだと思います。

この問題は著作権切れした古い作品の中から類似するものを探すことで解決すると思います。そうすることで「自分の権利を侵害された」と主張するデザイナーの言葉を封じることができるからです。

それでも「これは〜のパクリだ」と騒ぎ立てる輩がいますが、そのような人は無視をしても良いと思います。なぜなら、無から有を生み出せる人間はいないからです。

創作の仕事に過度な期待をするのはやめて現実的に考えましょう。