FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タブレットのベストサイズはどれか

テクノロジー

スマホの小さな画面に嫌気がさし、もう少し大きな画面でアプリを利用したい思ったことはありませんか?

現在のタブレットの主流は「7〜8インチ」と「9〜10インチ」ですが、どちらを購入すべきか迷うことがあると思います。そこで今回はどちらのサイズがベストか考えたいと思います。

タブレットの用途には「文字 音声 画像 動画 ゲーム」があります。その中でサイズの影響を受けるのは文字情報だと思います。

文字情報には「WEB pdf  電子書籍」などがありますが、これらを閲覧するには10インチが便利です。10インチは8インチより文字が一回り大きいので読みやすいと思います。

ただし、手に持って読みたい場合は、8インチが便利です。10インチは手で持つには重すぎますし、A5サイズ(148*210mm)の画面に表示された縦書きの文字は読み辛いからです。

読み辛いなら横持ちで読めば良いじゃないかと思うかもしれませんが、それは想像以上に大変な作業です。タブレットは本のように折り曲げることができないので、目を頻繁に動かさなければなりません。そのため縦持ちよりも目が疲れるのです。

10インチで文字情報を読むなら書見台やスタンド、専用ケースなどに横置きで設置することをお勧めします。指でなぞりながら読めば目の疲れを軽減できますし、空いた手でメモをとることができるからです。しかし、そうなるとノートパソコンを専用のスタンドに立てて読んでも良いような気がします。

まとめ

「WEB pdf 新聞 雑誌」を読むときは、10インチ(スタンドを利用する)
「実用書 小説 エッセー」を読むときは、8インチ(手で持つ) 

関連:2in1PCのメリット・デメリット