黒石市の入賞取り消し騒動に思うこと

f:id:feel-think:20161020000512j:plain

青森県黒石市の写真コンテストで入賞が決まっていた写真の被写体の女性が、いじめを苦にして自殺をした中学生であることがわかり、写真コンテストの主催者が「コンテストの趣旨にそぐわない」として賞を取り消したという出来事がありました。

それを知った人々から批判を受けた黒石市は会見を開き、賞の取り消しを撤回した上で黒石市長賞を改めて贈ると発表しました。

このような状況になると、賞の取り消しを撤回してもしなくても批判されてしまいます。この場合、黒石市はどう対応すればよかったのでしょうか。

「コンテストの趣旨にそぐわない」という理由にも一理あるので、その主張を押し通せばどうにかなったかもしれません。

自分が同じ立場に立たされたときどうするか考えさせられる出来事でした。