FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【SEO】オリジナルで有用なコンテンツとは何か

ブログ

昨日、Googleが検索アルゴリズムの変更を発表しました。

日本語検索の品質向上にむけて
2017年2月3日金曜日


Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。
その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

Googleによると「検索結果の順位は200を超える要素によって決まる」そうですが、今回はその中の一つである「オリジナルで有用なコンテンツ」について考えたいと思います。

オリジナルとは何か

まず、オリジナルとは何かという問題ですが、私はこれを「他のものとの差」だと考えます。たとえ全体的に似通っていてもわずかな違いがあればそれはオリジナルと言えます。世の中にはやたらと「独自性」にこだわる人がいますが現在の人口(70億人)を考えると独自性の高いコンテンツを作り出すことはほぼ不可能です。したがって、コンテンツの独自性について考える必要はありません。

有用とは何か

有用なコンテンツとは、サイトを訪れた人の役に立つコンテンツ(情報)のことです。そこに独自性は必要ありません。例えば医療情報を掲載する場合、いくつかの段階を経て定説として認められた情報を掲載すべきであり、何の検証もされていないオリジナルの治療法を掲載すべきではありません(どうしても掲載したい場合は注意書きをする必要があります)

また、個人の体験や考えが他の人の問題解決に役立つことがありますが、このような情報は似たような経験をした人が大勢いたとしても有用な情報と言えます。

表示順位の健全化

現在のアルゴリズムに情報の真偽を判断する能力はありません。そのような能力があれば偽情報が検索結果に表示されることはないからです。おそらくサイトの有用性は被リンクの質と量で決まるのだと思います。そのため表示順位を健全なものにするには「有用でないサイトを無視してリンクを張らないこと」が重要です。

さいごに

今回の変更で検索結果にどのような変化が現れるかはわかりませんが、ユーザーの問題解決に役立つ情報を提供しているサイトが得をする仕組みにして欲しいと思います。

関連

キュレーションについて考える

Googleの検索結果から見たくないサイトを除外するChromeの拡張機能 Personal Blocklist