【渋谷暴動事件】大坂容疑者逮捕に思うこと

昭和46年の渋谷暴動事件で当時21歳の警察官に火炎瓶を投げつけ殺害した容疑で大坂正明という人物が逮捕された。

彼は中核派と呼ばれる政治団体に属しており思想の違いから政府と対立しこのような事件を起こした。私が驚いたのは事件が起きてから46年間逃亡していたことである。現在67歳。おかしな思想にはまらず平凡な学生生活を送っていればそれなりの会社に就職しバブルで良い思いをして今頃は孫と遊んでいたかもしれない。

思想というのは恐ろしい。特定の考え方に取り付かれるとそこから抜け出すのは容易ではない。周囲から間違えた考え方だと諭されても自分の考えを疑うことができない。

カルト宗教にはまり不自由な生活を強いられたり、恋人に執着しストーカーになったり、他人からみればどうでも良いことで悩み社会に適応できない人も同じ問題を抱えている。どうすれば偏った考え方から抜け出すことができるのだろうか。