「割引率」で買い物をする人

アマゾンで買い物をする女性の様子が7月10日のWBSで放送された。

この女性はセール価格が参考価格よりも59%安くなっているという理由で購入を決めていたが、そのような基準で買い物をする人がいることに驚いた。

割引率が何%だろうが実際に支払う金額が商品の価値に合っているかどうかが重要だと考えているからだ。

こういう人は割引率が高ければ高いほど喜んで買い物をするのだろうか。だとしたら製品の価格を高めに設定しておき値引きをしたほうが売れることなる。

ものを売る側からすればそれで良いと思うが、消費者の立場で見ると騙されたことになる

セールそのものには何の問題もないが何かを購入するときは割引率は無視したほうが良いだろう。

関連

Amazon.co.jp ヘルプ: 参考価格について