FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

類似記事の存在意義

ブログ

f:id:feel-think:20160705181133p:plain


情報社会と言われて久しいですが、ネットやメディアに掲載される情報は以前どこかでみた情報と似ていることがあります。

そうした記事を見かけると「誰かと同じことを書いても意味がないだろ」「もっと違うことをかけよ」などと不満を漏らす人がいますが、彼らの言うように類似記事は「意味がないもの」でしょうか。

類似記事の存在意義

私は類似記事にはオリジナルの記事(その話題を最初に取り上げた記事)にはない役割があると考えています。その役割とは以下の2つです。

情報の入手経路が増える

情報を得る行為は砂の中から砂金を見つける行為に似ています。類似記事を増やせば必要な情報が手に入る確率が上がり多くの人の役に立ちます。

共感や気づきが得られる

必要とする情報が自分の考えの妥当性を確かめるものである場合、類似記事が大いに役立ちます。専門家や多くの人が同じことを主張していたら安心感を得られますし、同じ話題についてうまく説明してくれる人がいると今まで見落としていたことに気づくことができます。

さいごに

人間の考えることは大体同じです。したがって「自分が書いた記事が他の誰かの記事に似ている」などと悩む必要はありません。オリジナルにこだわらず自分が良いと思ったことを積極的に書いていけばあなたも読者も幸せになれます。ただし、デッドコピーと言われるような記事は著作権の問題が生じるため避ける必要があります。