リスクを分散する

多くの日本人は就職すると会社から受け取る給料に頼りきり、他の収入源について考えようとしません。

雇用者と被雇用者の関係は、親子や恋人よりもドライな関係です。そのため、どちらかの都合が悪くなれば簡単に関係が解消されます。そうなると給料に頼り切っていた人は路頭に迷うことになります。

これを防ぐには将来のリスクに備えなければなりません。日頃から金儲けに関する勉強を続け、どう転んでも金を切らさない仕組みを考える必要があります。

現代社会では、金は命(時間)の次に大切なものです。「世の中金じゃない」とか「金より家族が大切だ」などと言う人がいますが、それは金があって初めて言えることなのです。