リブート映画について思うこと

最近、ハリウッドで「リブート作品」と言われる映画が大量に作られています。
リブートというのは過去の人気作品から本質的要素を取り出し、そこから新たな作品を作り出す手法のようです。

似たような概念に「リメイク」がありますが、リメイクは同じ内容を役者を入れ替えて作り直すことであり「リブート」と「リメイク」は違うというのが彼らの主張です。

私からみればこの2つに違いはありません。むしろ、過去の名作に手を加え人気作品の新作として発表する方が悪質かもしれません。

おそらくこのような映画が作られる背景には出資者の意向があるのでしょう。売れるかどうかわからないものを作るより、一部のファンから文句を言われようとそれなりに稼げる作品を作らせているのだと思います。

しかし、観客もバカではありません。どうでもいいようなくだらない内容に人気作品のラベルを貼り付けていることぐらい誰もが気付いています。

今は良いかもしれませんが、このブームも長くは続かないでしょう。