貧困から抜け出すには何が必要か

時々、テレビや雑誌などで貧困特集が組まれることがあります。「貧困女子」「子供の貧困」などキャッチーな見出しをつけ、低所得者が困っている様子を見せた後、「政治が悪い」と言って終わるお決まりのパターンです。

ところが、貧乏だと言う人たちの行動をよく見てみると結構無駄が多い気がします。金がないという割には家の中に物がたくさんあったり、自炊をせずスーパーやコンビニで割高な惣菜を買って食べたりしています。

おそらくは人並みに暮らしたいという気持ちがこのような行動をとらせているのだと思います。

貧困から抜け出すには、生活上のあらゆる無駄をなくし効率よく金を稼がなければなりません。しかし、彼らは目の前の生活にとらわれ、効率よく稼ぐための知恵をはたらかせることができません。できない言い訳をしては問題を先延ばしにし自分の身の上を嘆きます。

人はストレス状態に置かれると思考力が低下し冷静な判断ができなくなるためこれは仕方のないことだと思います。ですがこのままだといつまで経っても貧乏なままです。

では、どうすればよいかというと、これはもう考えるしかありません。深呼吸をして心を落ち着かせ、からまった糸を解きほぐすように人生の課題を整理するのです。

あとは優先順位を決め、食事と睡眠以外の時間を課題の処理に費やせば、大金持ちにはなれなくても、それなりの生活を送ることができます。