FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナルにこだわる人は成長しない

学び

f:id:feel-think:20160614225353j:plain

オリジナルにこだわる人は成長しません。なぜなら成長とは「脳内の情報を組み合わせた結果」だからです。

たとえば、皆さんはオシャレになりたいと思ったときどういう行動をとるでしょうか。多くの場合ファッション雑誌や街で見かけたオシャレな人の真似から始めると思います。他人の真似をしながら良いと思ったことを取り入れダメと思ったことはしないという選択の繰り返しによりファッションセンスを磨くのです。

ところが、オリジナルにこだわる人はこの手順を踏みません。ファッション雑誌やオシャレな人の真似を拒否しそれまでに手に入れたわずかな知識でどうにかしようとします。そのような人は何年経ってもオシャレにはなれません。

オリジナルにこだわる理由

オリジナルにこだわる人はなぜ他人の真似を拒否するのでしょうか。考えられる理由には以下のものがあります。

他人と違っていたい

人には、他人と違っていたい(正確には他人より優れていたい)という欲求があります。オリジナルにこだわる人はこの欲求が強いと言えます。

コピー人間になりたくない

何かあるごとに他人の真似ばかりしてると自分が何者なのかわからなくなることがあります。そのような状態に陥った人は「個性的でありたい」という気持ちが強くなり他人の真似を拒否します。

他人の評価を恐れる

世の中には誰かの真似をしている人をみつけると「パクリ」だ「盗作」だと言い、その人物を蔑む人がいます。彼らの主張は不合理であり相手にする必要はないのですが純粋な人はそのような人の評価を恐れ他人の真似を避けようとします。

オリジナルの呪縛から抜け出すには

人は他人にはなれませんあこがれの人物になろうと努力をしても同一にはなれないのです。それどころか真似をする過程で「その人らしさ」が出てしまい自分の個性に気づくことさえあります。したがって、他人の真似を恐れる必要はありません。人は生まれながらに個性的でありその個性を消し去ることはできないのです。