FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「知らないこと」をそのまま書く

ブログ

ブログを書いていて気付いたことがある。「知らないこと」をそのまま書いても良いということだ。それは、「知らないことを知ったかぶって書く」ということではない。知らないことを「私は知らない」と言って書くのである。

たとえば、ここ数年、人工知能(AI)がブームになっているが、人工知能の専門家でない人間が、人工知能について語ってはいけないという決まりはない。「人工知能によって人間の職が奪われるという話を聞いて危機感を感じた」「人工知能の精度が上がるとターミネーターやマトリックスのようにコンピュータが世界を乗っ取るのではないか」など、知らないことは知らないなりに語ることができる。

知らないことを「知らない」と言うことに何の意味があるのかと思うかもしれないが、そのことが一つの情報になることがある。研究者や啓蒙活動をしている人からみればこうした一般の意見は貴重な情報である。また、同じことを考えている人がその記事を読めば共感して安心感を得られる。

ただの日記であればこのような心配をする必要はない。自分が書きたいことを自由に書けば良いからだ。しかし、ブログを書く以上、人に見てもらう必要がある。「知らないこと」について語るのはその目的を実現するための一つの方法である。