私が映画を字幕で見なくなった理由

DVDなどで映画を見るときは「日本語字幕」と「吹き替え」の2つの選択肢があります。

私は以前、声も演技の一部と考え字幕映画を積極的に選んでいましたが、最近はよほどひどいものでない限り吹き替えで見るようにしています。

字幕だと2時間の間、映画だけを見なければなりませんが、吹き替えだとテレビのように「ながら見」ができるので得した気分になるからです。

現代人は忙しいため私のような人は多いと思います。これからの時代はこのような時短につながるサービスが求められる気がします。