FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアとの付き合い方

ドナルド・トランプが大統領になってから1ヶ月ほど経ちました。その間彼は様々な活動を行っており、よく働く人だなと感心してみていましが、世の中にはトランプを「無能の働き者」と蔑む人がいます。

「無能の働き者」とは、よく働くがその行為が悪い結果を生むという意味の言葉で、ネット上で誰かを馬鹿にするときに使われます。

私は正直、トランプが無能かどうかはわかりません。トランプの能力を評価するだけの情報を持っていないからです。これはSNSで批判している人たちも同じだと思います。

結局は、好きか嫌いかというレベルの話です。多くの人は威圧的な態度を取る人が嫌いなので「トランプが嫌い」と言っているにすぎません。

私はどちらかといえばトランプよりもメディアの方に不信感を持っています。自分に敵対する相手に対してヒステリックな反応をし、相手の評判を落とす情報ばかりを流しているからです。

メディアは、「立法 行政 司法」に次ぐ第四の権力と言われていますが、メディアの暴走を止める術はありません。メディアの嘘を暴き立て不買運動をしたところで彼らの態度が改まることはありません。

私たちにできるのはメディアの扇動に乗らないように気をつけることぐらいです。