FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はなぜ傷つくのか

学び

ネットを利用していると有名人や身近な人を批判(誹謗中傷)する人がいますね。このような仕打ちを受けた人は強いショックを受け、怒りを覚えたり憂鬱な気分になることがありますが、そのような感情はなぜ生じるのでしょうか。

人が傷つく原因

人の頭の中には理想とする自分の姿があります。その姿と現実の状態に差が生じると人は強いショックを受け不快な気持ちになります。

人が傷つく場面

人が傷つく場面には以下のものがあります。

自分が気にしていることを指摘される

人は自分が気にしていることを他人から指摘されると強いショックを受けることがあります。例えば、体型を気にしている人が他人から「太っている」と言われたり、自分では若いつもりなのにおばさん扱いされるような場合です。

拒絶反応を示される

人は他人から拒絶されると強いショックを受けることがあります。例えば、相手に話しかけたとき、あからさまに嫌な顔をされたり、無視をされる場合です。

価値の低い人間だと思われる

人は他人から蔑まれると強いショックを受けることがあります。例えば、「お前はバカだ」「無能だ」と言った趣旨の発言をされるような場合です。

他人の言動に傷つかない方法

他人の言動に傷つかないためには「自分と他人は別の人間である」ことを意識するようにします。物事に対する考え方や価値観には個人差があるため相手の言動に一喜一憂する必要はありません。

世の中には「他人からよく思われたい」「価値のある人間として認められたい」という気持ち(承認欲求)が強い人がいますが、あなたに対する評価は相手次第なので、あれこれ悩んでも仕方ないのです。