常体と敬体

文章の文末表現は主に常体と敬体の2種類に分けられます。常体とは文末が「〜だ〜である」で終わる文で、敬体とは「〜です〜ます」で終わる文です。

私はブログを始めるとき常体にするか敬体にするかで迷いました。常体の文は書きやすく読みやすいのですが、堅苦しい印象を与えてしまいます。一方、敬体は丁寧な言い方ですが、くどい印象を与えてしまいます。

ブログ以外の文章を見てみると常体で書かれた文が多い気がします。ですが、プレゼンなど公式な場での発言は敬体(丁寧語)で行われるのが普通です。

結局、私は敬体でブログを書くことにしましたが、今も常体の文に変えた方が良いのではないかと考えることがあります。

日本語って面倒ですね。