批判社会に思うこと

50代の女性タレント2人が路線内に無断で立ち入って写真を撮ったことが問題になり、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されました。

私はこの話を聞いたとき、よくそんな恐ろしいことができるなと思いました。使用中の線路に立ち入って写真を撮るというのは、高速道路の真ん中で写真を撮るのと同じだからです。

昔、スタンド・バイミーという映画で少年たちが線路を歩くシーンがありましたが、そのようなノリで撮影したのでしょうか(たしか、あの映画では少年たちが列車にひかれそうになった気がします)

とにかく、本人たちも反省してるようですし、何事もなくてよかったと思います。

批判とストレスの関係

世の中には有名人が問題を起こすと、起こした事件以外のことで本人を批判する人がいます。そうすることでストレスが解消されるからです。

しかし、そのような行為が常態化すると互いの失敗をあげつらうようになり、息苦しい社会になってしまいます。

私も誰かを批判したくなるときがありますが、相手の人格を攻撃するような真似はしないように気をつけたいと思います。