Googleドキュメントの音声入力を試してみた

前回は Mac のテキストを音声入力を試してみたが今回はそのライバルと言える google ドキュメントの音声入力を試してみようと思う。

導入手順

用意するもの

  1. Google アカウント
  2. ヘッドセット(マイク)

設定方法

  1. Chromeを開く
  2. Google アカウントにログイン
  3. Google ドキュメントを開く
  4. ツールから音声入力をオンにする
  5. ヘッドセットを使って話す

使用した感想

Google ドキュメントの音声入力を使ってみて驚いたのはその変換速度の速さである。Mac の音声入力では変換が遅れ引っかかりを感じることがあったが、 Google の音声入力は早口で喋ってもボソボソ声で喋っても引っかかりが一切なく入力した内容をほぼ正確に変換してくれる。これならPCの画面を見なくてもそのとき思ったことを早口で話すだけで文章になる。正直すごいと思った。 

だが Google ドキュメントにも欠点はある。

1つはインターネットにつながっていなければ使えないということだ。だが今時インターネットに繋がってない端末など皆無なので特に困ることはないかもしれない。

もう1つはプライバシーの問題である。 Google の音声入力を使って話した内容(音声)は Google側 で保存され広告などのサービスに利用される。そのため知られて困るような情報扱うときはこのサービスを利用することができない。Google に個人情報を渡したくない人はMacの拡張音声入力かAmiVoice(アミボイス)やドラゴンスピーチなどの有料ソフトを使う必要がある。

さいごに

自分の個人情報を他人に知られても構わないというのであればこれほど便利なサービスはない。Macの音声入力は1分間に200文字入力することができるか googleの音声入力を使えば1分間に400文字入力することができる。

 Google アカウントとマイクがあればどの端末でも利用できるサービスなので一度試してみてはどうだろうか。

関連