FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴のバカについて

最近「高学歴のバカ」という言葉を目にすることが多くなりました。
その定義について調べてみるとコミュニケーション能力に関する問題のようです。

個人差はありますが高学歴の人は子供の頃から暗記型の勉強を続けてきたため、その場の状況に応じた行動が取れないと言われています。

例えば、誰かと会話をするとき専門性が高い(一部の人しか知らない)言葉を使い自分の考えを伝えようとします。

それだけなら良いのですが「自分の話が理解できないのは自分が悪いのではなく、相手の理解が足りないからだ」と考え、「私と話がしたければ私のレベルまで上がってこい」という態度で接する人がいます。

そういう人は周囲から嫌われるため、仕事も恋愛もうまく行きません。

彼らは互いの間で通じる言葉を使いコミュニケーションをとれば結果的に得をすることに気づくべきです。「自分は他人が知らないことを知っているから偉いんだ」といった考えは捨てた方が良いでしょう。

せっかく時間をかけていろんなことを覚えたのですから、それをうまく使って幸福な人生を送りましょう。