接待に対する嫌悪感

ビジネスの世界には昔から接待という風習がある。飲ませ食わせ抱かせるなどして相手を良い気持ちにさせ特別な計らいをしてもらおうとする活動である。

しかし接待は今の時代に合わない気がする。なぜなら忙しい人はそのような誘いに付き合う暇はないからだ。仕事相手と個人的な関係を作ると冷静な判断ができなくなり会社に損害を与える恐れもある。

今後は昔ながらの接待を敬遠する企業が増える気がする。そのため接待を使わず相手に良い印象を与える方法を考える必要がある。