結局、PCのディスプレイは15インチが良いのではないかという話

長年PCを使い続けて思うことがある。PCディスプレイのベストサイズは15インチだということだ。

いま私はこのブログを23インチの液晶ディスプレイで書いているが、開いているウィンドウのサイズは15インチだ。なぜかというと多くのWEBページは15インチで見るように作られているからだ。

全画面で使うこともできるがそれでは余計な余白が目立ち非常に見づらい。もしかするといま使っているディスプレイは無駄なのではないだろうか。

たしかに、複数のページを並べて見るような作業をするときは便利もしれない。しかし、どこか一点に視点を集中させれば、他の部分はぼやけて見えなくなるため結局同じことだ。むしろ、ぼんやりと視界に入っている分だけ目が疲れることがある。

そうなると15インチのディスプレイが欲しくなるが、今はそれを買うだけの余裕が無い。しばらくは23インチで我慢するしかなさそうだ。