FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメな本から学ぶ

読書

本を読んでいると時々「内容が薄い」「情報が間違えている」といった「ダメな本」に出会うことがあります。

そのような本に関わるのは金と時間の無駄です。時間については読むのをやめれば済む話ですが、支払ったお金は返ってきません。

本の価格は大体1500〜2000円ぐらいですから、つまらない本の代わりに豪華なランチが食べられたと思うと怒りが湧いてきます。

中にはその怒りをAmazonのレビューにぶつける人もいるようですが、私はダメ本を選んだ自分の選択眼を反省すべきだと思います。広告やランキングに騙され安易に選ぶべきではなかったのです。

また、ダメな本は情報を発信するときにしてはいけないことを教えてくれます。特に間違えた情報や冗長表現は避けた方が良いでしょう。信頼を失えばどんなに良いことを言っても話を聞いてもらえないからです。

お互いにオオカミ少年にならないように気をつけましょう。