FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キュレーションについて考える

テクノロジー

昨年、DeNAのキュレーションサイトが偽情報問題で閉鎖に追い込まれました。
キュレーションとは、ある特定の目的に沿った情報を「収集・整理・共有」する行為です。キュレーションを行う人のことをキュレーターと言います。

 検索エンジンとキュレーション

インターネットを利用するときに便利なのが検索エンジンと呼ばれるサービスです。知りたいことに関連するキーワードを入力すれば役に立ちそうな情報を表示してくれます。

検索エンジンの仕組みを簡単に説明すると以下のようになります。

  1. インターネット上に公開された無数のWEBページを収集・整理する
  2. 検索エンジンの運営者が決めた評価基準でページの価値を決める
  3. 価値が高いと判断した情報を優先的に表示する(検索結果の上位表示)

この仕組みをキュレーションと捉えれば、検索エンジン(コンピュータプログラム)もキュレーターの一人と言えるかもしれません。

情報の集め方

自分にとって有益な情報を効率よく集めるには、優秀なキュレーターを見つける必要があります。現在の検索エンジンがキュレーターとして優秀でないなら、他のキュレーターを探さなければなりません。具体的にはSNSやブログなど役に立ちそうな情報を発信しているサイトを集め更新情報をチェックするようにします。

さらに、自分がキュレーターとなり集めた情報をまとめ他の人と共有すれば、SNSの反応、ブログのコメント、掲示板の議論などから、さらなる情報を得ることができます。

さいごに

有益な情報は待っていても手に入りません。他者に積極的に働きかけ取りに行く必要があります。検索エンジンを利用するのは良いですが、頼りすぎないようにしましょう。