FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカッターの心理

SNS

f:id:feel-think:20161215201208j:plain

コンビニで販売しているおでんを指でつつく様子を撮影しSNSに投稿した男(28)が威力業務妨害容疑で逮捕されました。

このように反社会的な行為を撮影しSNSに投稿して多くの人から批判を受ける人のことをネットではバカッターといいます。彼らはなぜこのような愚かなことをするのでしょうか。

主な動機

目立ちたい

世の中には多くの人から注目されることに喜びを感じる人がいます。その中には目立つことができれば何をしても良いと考える人もいます。

影響を与えたい

世の中には他人に影響を与えることで喜びを感じる人がいます。他人を喜ばせる行為であれば良いのですが不快感を感じる行為をして他の人を嫌な気持ちにさせることで興奮する人もいます。

金儲けをしたい

ネットでは良くも悪くも注目を集めれば、広告などでそれなりの報酬を得ることができます。彼らはPV増やすために他の人が注目するような奇抜な行動を取ろうとします。いわゆる炎上商法と言われる手法です。

 不正行為を減らすには

教育する

インターネットの利用者の中には「ネットに匿名はない」ということを知らない人がいます。SNSの利用は偽名でもできますが、国家権力を使えばネットの使用履歴から個人を特定することもできます。この事実を知れば他人に知られて困ることはしないと思います。

罰則を与える

ネットユーザーの批判は彼らを喜ばせるだけなので、法律でなんらかの刑罰を与える必要があります。罰を受ける様子を拡散すれば悪ふざけが割に合わないことがわかると思います。

無視する

彼らが最も嫌うのは無視をされることです。他者からの反応がなくなれば動機がなくなり行為そのものが無意味なものになります。

さいごに

 私はできるだけ目立たず静かに暮らしたいタイプですが、彼らは社会(他者)と積極的に関わりたいタイプだと思います。そのようなタイプの人は他人が喜ぶことを積極的に行うことで幸せになれますがそのことに気づかない人もいるようです。