FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2in1PCのメリット・デメリット

テクノロジー

f:id:feel-think:20160707174938j:plain

Windows7ProfessionalとWindows8.1が搭載されたPCは2016年10月31日に発売終了となり、それ以降はWindows10が搭載されたPCしか購入できなくなります。

そのような状況の中、PCとタブレットの機能を併せ持つ2in1PCに関心を持たれる方がいるかと思います。そこで今回は2in1PCのメリットとデメリットについて考え「2in1PC」と「PC・タブレットの2台持ち」のどちらがベストな選択か考えたいと思います。

2in1のメリット

1台ですべてをまかなえる

2in1の最大をメリットはこれだと思います。仕事やプライベートでPCを持ち歩く人は2台より1台の方が便利です。重いカバンを背負って肩や腰を痛める心配もありません。

タッチ操作ができる

PCでコンピュータに指示を与えるにはキーボードやマウスが必要ですが、2in1ではタッチ操作ができるため画面をスクロールするなどちょっとした操作が楽になります。

2in1のデメリット

画面が小さい

現在発売されている2in1PCの主流サイズは10インチ〜13インチです。そのため、大きな画面で作業したい人には2in1は不向きです。

価格が高い

2in1は通常のノートパソコンに比べ性能に対し価格が割高になっています。それなら同じ予算でハイスペックPCと低価格タブレットを購入した方が得です。

まとめ

2in1はPCにタブレット機能がついた製品というよりは、タブレットにPC機能がついた製品と言えます。したがって、タブレットがメインでPCを少しだけ使いたい人は2in1を購入し、動画編集など重たい処理をしたい人はPCとタブレットを個別に購入すると良いと思います。

関連:タブレットのベストサイズはどれか