Googleドキュメントの音声入力を試してみた

前回は Mac のテキストを音声入力を試してみたが今回はそのライバルと言える google ドキュメントの音声入力を試してみようと思う。 導入手順 用意するもの Google アカウント ヘッドセット(マイク) 設定方法 Chromeを開く Google アカウントにログイン Goog…

Macのテキスト音声入力を試してみた

音声入力については以前から関心を持っていたが変換精度の低さから使い物にならないと判断し今まで利用を避けてきた。だが、腱鞘炎を患い手を動かすことができなくなったためもう一度試すことにした。 今回試したのはMacに標準で搭載されている音声入力機能…

【ネット】無意味な情報を垂れ流すことの是非

インターネットの情報は玉石混交である。なぜなら、スマホやパソコンなどインターネットにつながる機器を持っていれば誰でも情報を発信することができるからである。 ここで疑問に思うことが1つある。その情報が「玉」か「石」かを決めるのは誰かということ…

有益な情報のみで長文を書く方法

あるブログの書き込みを見て共感した。 anond.hatelabo.jp これは、500文字以上の文章が書けなくて困っているという内容の記事だが、自分が書いたのではないかと錯覚するぐらい考え方が似ていた。事例や引用を多用すればいくらでも文章量を増やせることは知…

「知らないこと」をそのまま書く

ブログを書いていて気付いたことがある。「知らないこと」をそのまま書いても良いということだ。それは、「知らないことを知ったかぶって書く」ということではない。知らないことを「私は知らない」と言って書くのである。 たとえば、ここ数年、人工知能(AI…

論理展開とは何か

論理展開という言葉がある。文章術の本を読むと「伝わる文章を書くには論理展開が大切」と書かれていたり、Amazonのレビューや書評サイトをみると「この本は論理展開がメチャクチャで何を言ってるのかわからない」と言われたりする。ところが、どの文章をみ…

「伝える文章」と「見せる文章」

ブログを書いていて気づいたことがある。文章には「伝える文章」と「見せる文章」があるということだ。 伝える文章とは、読者に自分の意思を伝えることを目的とした文章である。「説明 報告 紹介 主張 助言 提案」などがこれにあたる。一方、見せる文章とは…

こんな広告は嫌われる

前回は、良い広告とは何かについて考えましたが、今回は嫌われる広告について考えたいと思います。 不快な広告の特徴 コンテンツと広告に関連性がない 某匿名掲示板では不愉快なCMに文句をいうスレッドが人気ですが、そのようなスレッドが流行るのは、コンテ…

良い広告とは何か

インターネットには、さまざなサイトがありますが、最近ではサイトにアクセスするとほぼ確実に何らかの広告リンクが張られています。 世の中には、この広告を毛嫌いする人がいて、専用のアプリを使って表示させないようにしています。彼らはインターネットで…

【SEO】オリジナルで有用なコンテンツとは何か

昨日、Googleが検索アルゴリズムの変更を発表しました。 日本語検索の品質向上にむけて2017年2月3日金曜日 Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もそ…

文章を速く書く方法

毎日ブログを書いていると、もっと速く書けないだろうかと考えることがあります。 私は日本語を1分間に80文字打てるので、余計なことを考えずそのまま続ければ1時間で4800文字打てるはずです。 しかし、実際はこの10分の1の量しか書けません。そこで自分は何…

知らないことは書けない

「インプット」「アウトプット」という言葉があります。インプットとは、外部にあるものを内部に取り込むことをいい、アウトプットとは、内部にあるものを外部に出すことを言います。 あなたが誰かに情報をアウトプット(発信)しようと思うなら、まずは情報…

ブログで入社・退社報告をするのはなぜか

はてなブログを見ていると、時々「〜に入社しました」とか「〜を退社しました」という記事を書いている人がいます。 私はそのブログを見て不思議な気持ちになりました。「この人はなぜわざわざそんなことをブログに書くのか」「入社はともかく、退社した会社…

私がブログを書く理由

ブログを始めてから9ヶ月ほど経ちますが、最近何のためにブログを書いているのかわからなくなってきたので考えを整理しようと思います。 文章力を鍛える 私は自分の考えを相手にわかるように伝えるのが不得意であり、この問題を解決するためブログを書いてい…

常体と敬体

文章の文末表現は主に常体と敬体の2種類に分けられます。常体とは文末が「〜だ〜である」で終わる文で、敬体とは「〜です〜ます」で終わる文です。 私はブログを始めるとき常体にするか敬体にするかで迷いました。常体の文は書きやすく読みやすいのですが、…

文章に感じる違和感

ブログを書いていると自分の文章に違和感を感じることがあります。話の要点(主張)は伝わっていても、読み返したときにすっきりしない感覚が残るのです。 おそらく違和感の正体は論理の正しさというより美的感覚の問題だと思います。 この美的感覚は読み書…

アイキャッチ画像の存在意義

アイキャッチってありますよね。多くの人のブログに張っている読者の注意を引くための画像のことです。最近は無料素材も充実しており、サイトの見た目を簡単によくすることができます。 私はこのアイキャッチに疑問を持つようになりました。この画像は本当に…

雑記ブログの効用

世の中にはさまざまなブログが存在しますが大きくとらえると「雑記 専門 特化」に分類できます。 雑記 種々のことをかきつけたブログ専門 特定の分野に関する情報を集めたブログ特化 ひとつの事柄について書かれたブログ 今回は、この中から雑記ブログの効用…

【SEO】1記事1000文字という謎のルール

WEBページを検索結果の上位に表示させる施策の一つに「1記事1000文字」があります。その根拠として「1000文字以上書かないと質の高いサイトとして認識されない」「文章量を増やすことで多数の関連ワードを埋め込むことができる」など、もっともらしい理由を…

ブログが書けなくなったときの対処法

毎日、ブログを書いていると「今日は書くことが何もなくて困った」という経験をしたことはないでしょうか。そんなとき、どうすれば書けるようになるか考えたいと思います。 人は常に何かを考えている 人は人生のあらゆる場面で何かを見聞きし暮らしています…

私が「はてなスター」を外す理由

はてなブログを利用していない人にとってはどうでも良い話題ですが、ブログにつけていた「はてなスター」を外す(非表示にする)ことにしました。 はてなスターは「あなたのブログを読みましたよ」という意思表示に使うものらしいのですが、スターの数に一喜…

類似記事の存在意義

情報社会と言われて久しいですが、ネットやメディアに掲載される情報は以前どこかでみた情報と似ていることがあります。 そうした記事を見かけると「誰かと同じことを書いても意味がないだろ」「もっと違うことをかけよ」などと不満を漏らす人がいますが、彼…

ブログに「記事を読む所要時間」を表示させる理由

他の人のブログを見ているとプラグインなどを使って「この記事の所要時間 約1分」と表示している人がいます。なぜ所要時間を表示するのか調べてみると訪問者の滞在時間を延ばす施策であることがわかりました。 所要時間を表示しただけで滞在時間が延びるかど…

外部リンクは同窓で開くべきか別窓で開くべきか

はてなブログでは外部リンクを同窓で開く仕様になっていますが、その仕様だとユーザーが外部リンクをクリックした時点でブログの続きや関連記事が読まれなくなります。それでは困るということで外部リンクを別窓で開く方法がないか調べてみました。 検索して…