FEEL THINK BLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資生堂の人型ロボットに思うこと

化粧品メーカーの資生堂が商品の箱詰め作業に人型ロボットを導入したことが話題になっている。10台導入し現在2台が稼働中だ。箱詰め作業は繊細な作業であるため、これまでの作業用ロボットでは対応できないらしい。 このロボットには開発費を含め5400万円の…

フードコートで食事をするのは無理

あることで大型商業施設に行く機会があった。お昼が近くなったので施設内にあるレストラン街で食事を済ませることにした。だが、どの店も値段が高い。しかたなくフードコートで食事をとることに。 フードコートとは、ショッピングセンターやアミューズメント…

土下座をする人は信用できない

兵庫県姫路市の認定子ども園「わんずまざー保育園」が不適切な運営を行っていることが明らかになった。その内容を整理すると以下のようになる。 46人の定員を20人程度上回る70人近い園児を受け入れる 保育士の数を水増し、国などから給付金を不正に受け取る …

プレイヤーと評論家の違い

世の中にはプレイヤー(何かを実際に行う人)に対して、その行動の良し悪しを評価する人がいる。他人を評価するのは自由だが、何かの目標を実現させようと思うなら評論家になってはならない。 評論家は現実世界の制約条件を無視するため理想主義的な考えに陥…

【ネット】無意味な情報を垂れ流すことの是非

インターネットの情報は玉石混交である。なぜなら、スマホやパソコンなどインターネットにつながる機器を持っていれば誰でも情報を発信することができるからである。 ここで疑問に思うことが1つある。その情報が「玉」か「石」かを決めるのは誰かということ…

食後30分以内にヤクルトを飲むと美肌になるという話

最近、食後30分以内にヤクルトを飲むと高級美容液を使うより美肌効果があるという話がSNSで話題になっている。私のところにまで情報が流れてくるのだからそれなりに流行っているのだろう。 たしかに、ヤクルトには整腸作用がある。便秘や下痢が解消されれば…

隠し味とアレルギー

先日、ある食材を食べて体調不良になった。どうやらアレルギーらしい。アレルギーとは、本来なら無害であるはずの抗原に対する免疫反応によって引き起こされる疾患で、腹痛や吐き気、嘔吐、じんましんなど、さまざまな症状を引き起こす。ひどいときにはアナ…

考えながら動ける人はいない

よく若い社員に対して、考えながら動けと説教をする先輩や上司がいるが、実際のところ考えながら動くのは不可能である。「考えるか」「動くか」のどちらかでしかない。それが秒単位か1日単位かの違いである。 私は一度考え始めると物事を深く追求するタイプ…

小林幸子の適応力

演歌歌手の小林幸子が、スマホゲームのCMでゴスロリ姿になったそうだ。彼女の仕事に対する姿勢には頭が下がる。 彼女の歌唱力と知名度があれば、これまでのファン相手に歌うだけ生計を立てられるはずである。その地位に安住することなく新しいことに挑戦する…

有益な情報のみで長文を書く方法

あるブログの書き込みを見て共感した。 anond.hatelabo.jp これは、500文字以上の文章が書けなくて困っているという内容の記事だが、自分が書いたのではないかと錯覚するぐらい考え方が似ていた。事例や引用を多用すればいくらでも文章量を増やせることは知…

【著作権】歪んだ権利意識

DeNAのキュレーション問題をきっかけにブログで生計を立てる人の間でコンテンツに対する権利意識が高まっている。 ところが、多くの人は著作権がどういうものかわかっていない。「なんとなく似ていると思った」というレベルで後発者(あとから現れた人)を犯…

「幸せ」と「不幸せ」の関係

SNSや掲示板などを見ていると、「幸せとは何か」と問いかける人がいる。その問いに対してやたらと難しい答えを返す人がいるが、結局のところ幸せとはそのとき生じた一過性の感情に過ぎない。 つまりは、何かをして、その人が「幸せだ」と感じれば幸せであり…

「知らないこと」をそのまま書く

ブログを書いていて気付いたことがある。「知らないこと」をそのまま書いても良いということだ。それは、「知らないことを知ったかぶって書く」ということではない。知らないことを「私は知らない」と言って書くのである。 たとえば、ここ数年、人工知能(AI…

論理展開とは何か

論理展開という言葉がある。文章術の本を読むと「伝わる文章を書くには論理展開が大切」と書かれていたり、Amazonのレビューや書評サイトをみると「この本は論理展開がメチャクチャで何を言ってるのかわからない」と言われたりする。ところが、どの文章をみ…

ペットの擬人化に思うこと

東京の八王子で祖父母の家に預けられていた生後10ヶ月の女の子が、室内で飼われていた4歳のオスのゴールデンレトリバーに頭を噛みつかれ死亡したというニュースを見た。 犬や猫などペットを飼っている人の中には動物を家族の一員ととらえ、人間と同じように…

批判やアドバイスを真に受けてはいけない

世の中には批判やアドバイスをする人が多い。求めればいくらでも手に入る。ただし、それらはあくまで個人の意見であることを忘れてはならない。どれだけ説得力のある話でも、正しいとは限らないのである。 人は影響力のある人物の話を無批判に受け入れがちだ…

テレビ朝日の「きりたんぽ」問題について考える

テレビ朝日で「サヨナラ、きりたんぽ」というタイトルのドラマが放送されるらしい。その内容は、主人公の女性が自分を裏切った男性などを「成敗する」というもので、番組のサイトには、主人公の特徴を阿部定(戦前に交際していた男性の下腹部を切り取った女…

「伝える文章」と「見せる文章」

ブログを書いていて気づいたことがある。文章には「伝える文章」と「見せる文章」があるということだ。 伝える文章とは、読者に自分の意思を伝えることを目的とした文章である。「説明 報告 紹介 主張 助言 提案」などがこれにあたる。一方、見せる文章とは…

貧困から抜け出すには何が必要か

時々、テレビや雑誌などで貧困特集が組まれることがあります。「貧困女子」「子供の貧困」などキャッチーな見出しをつけ、低所得者が困っている様子を見せた後、「政治が悪い」と言って終わるお決まりのパターンです。 ところが、貧乏だと言う人たちの行動を…

アスクル倉庫火災と傍観者効果

事務用品通販大手のアクスルの倉庫の大規模な火災で、消防などの関係者が原因調査を行いました。その調査の中で出荷当日、フォークリフトでダンボールの搬出作業をする際、リフトのタイヤがダンボールの上で空転し煙が出ていたという証言がありました。 タイ…

ヤマトの未払い残業代支給に思うこと

宅配便の最大手であるヤマトホールディングスが、ヤマト運輸で宅配業務を行っているドライバーらの未払いの残業代を調査し、支給するそうです。 ヤマトがなぜこのようなことをするかというと、インターネット通販の普及による配送ドライバーの過酷な労働環境…

もし過去に戻れたら何をするか

あるブログを見ました。一つは40代の中年男性が失業し再就職先で最初の約束とは違う仕事をさせられているという話で、もう一つは、幸せになるために結婚したのに夫婦関係がうまくいかずシングルマザーになった人の話です。 このような状況に追い込まれると人…

決断できない人はリーダーになってはいけない

WOWOWのドラマの撮影で、6歳の子役を長時間拘束し夜中まで働かせていたことがわかり関係者が批判されています。 監督は子役の演技に納得がいかなかったそうですが、そのようなことは言い訳になりません。芸術家を気取り、自己満足のために子供を犠牲にするよ…

凡事徹底の大切さ

ある経営者のインタビューで「凡事徹底」という言葉を知りました。凡事徹底とは、当たり前のことをあたりまえに徹底して行うという意味で、パナソニックの創業者の松下幸之助氏が使い始め、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏が発展させた概念のよう…

私が映画を字幕で見なくなった理由

DVDなどで映画を見るときは「日本語字幕」と「吹き替え」の2つの選択肢があります。 私は以前、声も演技の一部と考え字幕映画を積極的に選んでいましたが、最近はよほどひどいものでない限り吹き替えで見るようにしています。 字幕だと2時間の間、映画だけを…

ハリウッドは村社会

アメリカのハリウッドでアカデミー賞の授賞式が行われました。その冒頭で司会者が「ハリウッドは国籍で差別をしない」と発言したそうです。 これはトランプ大統領が署名した7カ国の人の入国を一時的に禁止する大統領令に関連する発言ですが、私はこの話を聞…

諸行無常とアイデンティティ

私が嫌いな言葉の一つに「アイデンティティ」があります。 アイデンティティという言葉は複数の意味で使われますが、心理学の分野では「人が時や場面を越えて一個の人格として存在し、自己を自己として確信する自我の統一をもっていること」という意味で使わ…

メディアとの付き合い方

ドナルド・トランプが大統領になってから1ヶ月ほど経ちました。その間彼は様々な活動を行っており、よく働く人だなと感心してみていましが、世の中にはトランプを「無能の働き者」と蔑む人がいます。 「無能の働き者」とは、よく働くがその行為が悪い結果を…

人知を超えるものは理解できない

テレビを見ていたらある人物が書評を述べていました。その本は東日本大震災の後、被災地で霊体験をしたという人の話をまとめたものですが、そのときの書評の中で気になる箇所がありました。 彼女は「科学は万能ではないから霊の存在を信じる」といった趣旨の…

【Twitter】ユーザー離れの原因

SNS

Twitterが業績不振というニュースを見ました。「使い方がよくわからない」「ツイートすることがない」といった理由でユーザーが離れているそうです。 たしかに、Twitterの使い方はよくわかりません。何かを書き込んでも反応がないため虚しい気持ちになり、や…

オンライン教育の未来

最近、EDTECH(エドテック)という言葉を知りました。エドテックとは教育と技術を組みあわせた造語で、テクノロジーを利用した教育サービスのことを言うそうです。 「eラーニング」との違いが私にはよくわかりませんでしたが、学校に通わず自宅で学習ができ…

ネットリンチに思うこと

関西学院大学で3年前、非常勤講師の男性が授業中に、福島県出身の女子学生に対して「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」などと発言したことがわかり、問題になりました。 ショックを受けた女子学生は大学を休みがちになり、必要な単位が取れ…

アロマは迷惑

名鉄バスが昨年11月から運行しているアロマ装置付きの夜行バスに対して、化学物質過敏症の団体が、運行の見直しを求めました。 彼らの言い分は「化学物質過敏症など、香料で健康被害を起こす人もいる」というものですが、この意見には一理あると思います。 …

「文化の盗用」問題について考える

アメリカのファッション雑誌「VOGUE」に芸者風の写真が掲載されました。その写真に対し「日本文化を盗用した」と文句を言う人が現れ、VOGUEとモデルを務めたカーリー・クロスが批判されました。 カーリー・クロスは「文化をきちんと取り扱わない撮影に参加し…

こんな広告は嫌われる

前回は、良い広告とは何かについて考えましたが、今回は嫌われる広告について考えたいと思います。 不快な広告の特徴 コンテンツと広告に関連性がない 某匿名掲示板では不愉快なCMに文句をいうスレッドが人気ですが、そのようなスレッドが流行るのは、コンテ…

良い広告とは何か

インターネットには、さまざなサイトがありますが、最近ではサイトにアクセスするとほぼ確実に何らかの広告リンクが張られています。 世の中には、この広告を毛嫌いする人がいて、専用のアプリを使って表示させないようにしています。彼らはインターネットで…

スマホ警告ポスターについて思うこと

日本小児科医会と日本医師会が、スマホの使いすぎを警告するポスターを作成しました。 ポスターでは「スマホの時間 わたしは何を失うか」というキャッチコピーで以下のことを警告しています。 睡眠時間 夜使うと睡眠不足になり、体内時計が狂う 体力 体を動…

スマホカメラのシャッター音は無意味

スマートフォンについているカメラを使うと「カシャッ」という音がなりますが、あれははっきり言って迷惑ですね。 図書館やレストランなどの静かな場所であの音がなると不快な気持ちになりますし、赤ちゃんや動物を撮影すると音に驚いて泣いたり逃げ出したり…

写真をメモの代わりにして何が悪い

毎年恒例のサラリーマン川柳が発表されました。サラリーマン川柳とは、現代の世相を川柳で表現するイベントのことですが、今年の入選作に気になる作品がありました。 「新人は ペンを取らずに 写メを撮る」 世の中には、大学の講義や仕事の資料などをスマホ…

天下り問題について思うこと

先日、早稲田大学で天下り騒動がありましたが、慶応大学も文部科学省のOBの仲介で元幹部を採用していたそうです。 天下りの何が問題かというと、官庁と天下りを受け入れる企業の間で癒着が起きるからです。そうなると天下りを受け入れた企業だけが得をし、他…

人はなぜ宗教を信じるのか

22歳の女優が宗教活動を理由に芸能界を引退するというニュースが話題になりました。彼女のように世の中には何らかの宗教を信じる人が大勢いますが、彼らはなぜ宗教を信じるようになったのでしょうか。 不安を解消したい 人間は全知全能ではないため、生きて…

批判社会に思うこと

50代の女性タレント2人が路線内に無断で立ち入って写真を撮ったことが問題になり、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されました。 私はこの話を聞いたとき、よくそんな恐ろしいことができるなと思いました。使用中の線路に立ち入って写真を撮るというのは、高…

過労死と労働時間

高度な専門知識をもつ一部の労働者を、労働時間の規制から外すことを盛り込んだ労働基準法の改正案に反対する集会が開かれたというニュースを見ました。 高度な専門知識があり、年収が一定以上の人を、労働時間ではなく成果で評価する制度のことを「高度プロ…

無料サービスの代償

ネットにはさまざな無料サービスが存在します。それらのサービスはとても便利なものですが、安易に利用すると個人情報が漏洩する恐れがあります。 このようなことを人に話すと「重要人物でもないお前の情報を誰が欲しがるのか」「自意識過剰の馬鹿め」などと…

多作の作家について思うこと

世の中には信じられないほどの頻度で新刊を出す作家がいます。よくそれだけ書くことがあるものだと感心しますが、よく見てみると、どの本でも同じことを言っており、最新作を一冊読めば済むことがわかります。 そうなると多作の作家が目障りな存在になります…

「塩水洗浄」という嘘

巷では「塩水洗浄」という健康法が流行っているらしく、その危険性が大手メディアによって指摘されました。 私がこの報道がされるまで、塩水洗浄というものを知りませんしたが、どうやら大量の塩水を飲むと腸内がキレイになって健康になるというという理屈の…

オリンピックと著作権

2020年の東京オリンピックのマスコットの選考方法を決める検討会議が行われ、デザインの条件を設定した上で、一般公募する方針が決まりました。 デザインの具体的な条件については、今後、検討するとのことですが、これは世間や他のデザイナーから批判されな…

正論が嫌われる理由

よく正論を言う人は嫌われると言われることがあります。では、正論とは何でしょうか。 「正論」を辞書で調べると「道理にかなった正しい議論・主張」と定義されています。さらに「道理」を辞書で調べると「物事がそうあるべきすじみち」と定義されています。…

【SEO】オリジナルで有用なコンテンツとは何か

昨日、Googleが検索アルゴリズムの変更を発表しました。 日本語検索の品質向上にむけて2017年2月3日金曜日 Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もそ…

ファイアーエムブレム ヒーローズで遊んでみた

任天堂アプリゲームの第二弾である「ファイアーエムブレム ヒーローズ」がiosとAndroidで配信されました。 第一弾の「Super Mario Run」が残念な結果だったので今回のゲームに期待したのですが、また裏切られました。 「ファイアーエムブレム ヒーローズ」は…